ショートカット

【Excel】セルの移動ショートカット4選【動画で解説】

エクセルで大きな表を扱っている時、マウスでスクロールして移動するのが大変なんだけど、他にもっといい方法ってないの?

この記事では、こんなお悩みを解決します。

 

※本記事は「OS:Windows10」「Excelのバージョン:Office2019」を使用しています。

それでは早速いってみましょう!

 

1.移動の基本ショートカット [Ctrl]+[矢印キー]

エクセルで、縦に長~い表だと、マウスでスクロールするのが大変ですよね。

そんな時に便利なのが、「セルの移動」ショートカット[Ctrl]+[矢印キー]です。

 

データが連続している場合

まずはデータがひとかたまりになっている場合の簡単な移動をしてみます。

 

セルをワープできて快感ですね!

 

詳しい移動ルールは次の通り。

移動の基本ショートカット

  • [Ctrl]+[←]:選択した行の最初のデータがあるセルに移動します。
  • [Ctrl]+[→]:選択した行の最後のデータがあるセルに移動します。
  • [Ctrl]+[↑]:選択した列の最初のデータがあるセルに移動します。
  • [Ctrl]+[↓]:選択した列の最後のデータがあるセルに移動します。

肝心なのは「データがある」という部分です。

このショートカットを使った失敗例をお見せします。

 

これ、時々遭遇してビックリするやつですよね。(そして戻り方が分からないという…)

これは、1回目の[Ctrl]+[↓]は問題なく、最後のデータがあるセルまで移動できていますが、間違って2回目を押してしまったため、シートの一番端まで飛んでしまったんですね。

ちなみに、元の場所に戻る方法は、[Ctrl]+[↑]です。

 

データが途中で途切れている場合

では、データが途切れている場合はどうなるのでしょうか?

見てみましょう。

 

大きく時計回りをしていますが、連続しているデータの最後のセルで一旦移動が止まっていますね。

このように、[Ctrl]+[矢印キー]の移動は、連続しているデータの端まで移動できるショートカットだということが分かりましたね。

これで、何千行もある表でも、一瞬で移動することが可能となりますよ。

 

2.いつでもA1セルに戻れるショートカット [Ctrl]+[Home]

次は、シートの先頭に戻りたい時に使える便利なショートカットを紹介します。

それは、「A1セルに移動する」ショートカット[Ctrl]+[Home]です。

ちなみにシート内のどこにいてもA1セルに移動することができるので非常に便利です。

では、動画を見てみましょう。

 

先程のような、データのかたまりとかは全く関係ありませんね。

 

このショートカットは、シートのかなり下の方にいってしまった時や、エクセルデータを他人に渡す際、各シートの選択セルをA1に統一したりする時に使えますね。

 

3.データの一番右下のセルに移動するショートカット [Ctrl]+[End]

巨大な表だと、一番右下のセルに移動するのって一苦労ですよね。
でもこれを簡単にできるショートカットがあります。

それは「データの一番右下のセルに移動する」ショートカット[Ctrl]+[End]です。

実際の動画を見てみましょう。

 

データが連続していなくても全く関係なくデータの最後のセルに移動しています。

動画で確認するとよく分かりますね。

 

ただし、EXCELのヘルプに書かれている文章にはこう表記されています。
「ワークシートの最後のセル (右端の使用されている列の、最も下の使用されている行のセル) に移動する。」

おそらく皆さん、かっこの部分が分かりづらいのではないでしょうか?
ということで、これも動画で確認してみましょう。

 

空白のセルにも移動するのか・・・。

 

この動画で意味が分かった方が多いと思うのですが、

要は、シート内で「一番右のデータ」と「一番下のデータ」の行と列の交点に移動するショートカットだということですね。

ただ、基本的には、表の一番右下のデータに移動する場合に使うことが多いと思います。

 

4.アクティブセルに戻るショートカット [Ctrl]+[BackSpace]

シートをスクロールして、もともといたセルに戻りたい時はこのショートカットを使いましょう。

「選択していたセルに戻る」ショートカット[Ctrl]+[BackSpace]です。

これもちょっと文面だけでは把握しにくいので動画にしました。

 

なんと!一瞬で元のセルに戻ることができました。

目的のデータを探すためにスクロールしてしまって、元の場所に戻るのが大変なときに重宝しますね。
(ただし、スクロール先でセルを選択してしまわないように注意!笑)

 

ということで、4つの厳選したショートカットを紹介してきました。

これらの移動系ショートカットを使うと作業効率は格段にアップするので、何度も実際に使用して手になじませていきましょう!

 

当サイトでは他にも、いろいろ時短ワザを紹介していますので是非参考にしてください。

こちらもCHECK

【神速】直前の操作を繰り返すショートカット【生産性が劇的に上がる!】

エクセルやワードで、同じ作業を何回も繰り返さないといけない時、いつもマウスで操作してて地味にめんどくさいんだけど、他にもっと楽な方法ってないの? この記事では、こんなお悩みを解決します。   ...

続きを見る

 

こちらもCHECK

【Excel】表を一気に全範囲選択するショートカット【表の中ならどこにいてもOK!】

表を全部選択したい時に、表の端っこまで移動してマウスでスクロールしながら選択してるんだけど、他にもっと楽な方法ってないの? この記事では、こんなお悩みを解決します。   本記事の内容 表を全 ...

続きを見る

やはり、こういうテクニックを知っているかどうかで、仕事の生産性って変わってきますよね。

このサイトでは、このようなお得なショートカットや、時短テクニックを紹介しています。

 

-ショートカット

© 2020 プラスLABO , All Rights Reserved.